クライアントさんなのに、逆に僕がカラダの事でいつもお世話になりっぱなしの伊勢崎市の鍼灸治療院「大成堂中医針灸院」さんに定期訪問ミーティングに行ってきました!

今回のミーティングテーマは『広告運用の改善策とアクセスアップ施策について』

大成堂さんは、ホームページ×リスティング広告を中心に、コンテンツマーケティングも行っています。

ここで言うコンテンツマーケティングとは「ブログ記事」という位置づけになりますね。

お役立ち情報や実際に施術した方の症例を書いたりしながら、いろんな検索キーワードでアクセスを集めてくるという戦略になります。

つまりは、

「お金をかけてアクセスを集める広告」
×
「お金をかけずコツコツ集める通常の検索」

この両方で新規顧客を集めている治療院さんになります。

そんな大成堂さんですが、先月は上々な成果が出たのですが・・・

先月は広告経由の新規顧客が20名以上。でも課題が

時期的なものもあってか、先月は新規顧客の来院が多かったんですね。

新規1人あたりの獲得コストも前月比で約20%ダウンとまずまずの数値。

キーワードによっては、1人あたりの獲得コストが744円というグッジョブな数値も出せました。

でも・・・・

これが100%最高な結果か?といえば、そういうわけじゃない。まだまだ改善の余地はあるし、伸びしろはあるんですよ。これがまた。

課題は何か?といえば、いろいろあるのですが、まずは「キーワードの見直し」と「クリック単価の見直し」が必要。

それにプラスして、まったく数値が取れていない広告もあるので、そこは大幅なテコ入れが必要かな?

まだまだ拾いきれていないキーワードもありますし、余計な費用がかかっているキーワードもある。ここを改善していくことで、もっとローコストでハイパフォーマンスな広告運用ができる!はず。

なので、広告運用に関しては、今月はその課題にフォーカスしてやっていこうと。

ちなみに広告運用は尾崎の作業(笑)

アクセスデータ

で、もう一つの問題は「広告以外からのアクセス」

ここも増やしていかないといかんわけです。

と言っても、広告以外からのアクセスも少なくは無い(だいたい1000くらい)です。もしろ、地方の治療院としては多い方なんじゃないかな?

実際、前月比では新規ユーザーが170%増とめっちゃ良い数値は出てます。でもでも、もっともっと増やせるはず。いや増える。

そのためにも、

「細かい検索キーワードでいかにして見込み客を囲い込んでいくか?」

ここがポイントになります。

細かい検索キーワードでアクセスを集めるための戦略とは?

まず、僕がお願いしたのが、

「今ある記事のタイトルを変えること」

今までももちろん検索キーワードを意識した記事タイトルにはしていました。

でも、ちょっとだけ甘い。

意識はしているけど、もう一歩踏み込んだタイトルが欲しい。

「検索にヒットするキーワード」は大事。

でも、それにプラスして

「クリックしてもらいやすいキーワード」

こちらも同じように大事。

この2つがバチッと決まった時に、アクセスは増えていきます。

だから、まずは「今ある記事タイトルを変えること」

ここから始めていきましょうと提案しました。

大成堂藤田さん

ミーティング内容をまとめると・・・

①全体の数値としてはまずまずOK。目標はクリア。

②広告に関しては、キーワードの見直しとクリック単価の見直しをしつつ、1人あたりの獲得コストを抑えていく。

③それに併せて、数値の取れていない広告を大幅に改修、もしくは停止。

④すでに書いてあるブログ記事(症例関係)のタイトルを直すこと

これらを実践していきながら、前月比アップを目指していこう!

最後に

広告運用は”当り”が出るまではテスト検証!テスト検証!テスト検証!の繰り返し。

でもですね、この”当り”を見つけることが出来れば、集客の自動化(完全自動化ではないけど)も可能になるんですよ。

広告にお金をかけたくない!という人も多いのが事実ですが、ここは「お金をかける」という考え方ではなく「お金でアクセスを買う」そして「投資」という考え方にシフトしていくようにしてみてはいかが?

最終的には、「お金をかけてアクセスを集める広告」×「お金をかけずコツコツ集める通常の検索」でハイブリッドな集客の仕組みを作りましょう!

大成堂さんの院長藤田さんは、技術・経験・実績・人柄どれをとっても一流のプロです。僕もホントにお世話になりっぱなしです。

「医者や病院に行ったけど良くならない・・」「最近、体の調子がおかしいな・・」と思ったらぜひ一度、藤田さんに相談されることを強くオススメします。

大成堂中医針灸院HPはこちら